「超情報場」「生命素粒子」という仮説のインパクト

    公開日:   更新日:

こんにちは。岩堀(Kensu)です。

パラダイムのシフトで科学は一気に変わります。

重要なのでもう一度言います。 一気に変わります。

これは、データの計測方法や仮説の検証方法など細かい方法論が変わるのではなく、もっとベースの本質的なモノの見方そのものが一気にシフトするのです。

80年代で起きたこと

80年代、人工知能研究における自然言語処理や、計算言語学といわれる理論的な研究において、人間の言葉を理解するコンピュータをつくろうと世界で研究された結果、
「自然言語は部分から全体へと単調に組み上げることで意味が作られる」という構造主義をベースとした理論は間違っていることが分かりました。

僕たちが話す言葉は、コンピュータ言語のように先に文法ルールをつくって、それに合わせて記述されるというわけではありません。
英語教育において僕たちの世代は、主に文法の教育を受けてきたので「英語の意味を理解して聞いたり話たりすること」に関しては間違った教育を受けてきたということになります。

ちなみに、コンピュータは言語の意味を理解していません。現在、ものすごく精度のいい文章は生成してくれますが、正しい文章は生成されません。
Siriが自分の発する言葉の意味を分かってくれていると思っていたらそれは勘違いです。音声認識をして構文解析をして意味ネットワークに結びつけているのです。 Siriは音声認識はしていますが、意味は理解していないのです。

80年代に起きたことは、言語学における「統語論→意味論」というパラダイムの変化です。

00年代で起きたこと

2002年 ダニエル・カーネマン
2013年 ロバート・シラー
2017年 リチャード・セイラー

これは、行動経済学という分野でのノーベル経済学賞受賞者です。それまでの経済学では、

・すべての情報を完全に知ることができるという「完全情報」
・すべての人間は合理的判断をするという「合理性」

という市場原理を前提としていました。現在はこの前提が間違いだということが分かっています。

少し考えれば分かることですが、何かモノやサービスを買う人は、売っている人全員の情報を知ることはできません。逆に、売っている人も買い手全員の情報を知ることはできません。 

そもそも、人々は合理的な判断はしていません。
(1978年 ノーベル経済学賞受賞者であるハーバート・サイモンの「限定合理性」という概念の正しさが示されています)

経済学では、「従来の経済学→行動経済学」というパラダイムの変化が起きました。

これから起きること

それでは、これから起きるパラダイムを見ていきましょう。分野は物理学です。これまでの物理学の大きなパラダイムシフトとしては

  • 天動説→地動説
  • ニュートン力学→相対性理論・量子論

といったものが有名です。
宇宙の構造、宇宙の生成、宇宙の変化に関する問題を扱う現代の宇宙物理学(ビッグバン、超弦理論など)はすべて仮説で、検証はされていません。大統一理論は幾つかのモデルが作られていますが、完成はされていません。

これから起きるパラダイムは、これまで見てきた「言語学」のパラダイムと「経済学」のパラダイムと大きく関わっています。

言語学でのパラダイムシフト「意味論」は、単なる文法構造ではなく、「心」の問題を扱いました。
経済学でのパラダイムシフト「行動経済学」も、単なる需要と供給のカーブを見て価格が決まる経済ではなく、「心」を扱いました。

物理学でこれから起きるパラダイムは、物理空間だけでなく、 情報空間(生命現象・脳内現象・心理現象)も説明する必要が出てくるということです。
これを包摂する理論が、苫米地英人博士の「超情報場理論」「生命素粒子理論」になります。

  • 物理空間は情報空間の抽象度の低い空間(物理空間を含む全ての存在は情報空間で成立)
  • 生命素粒子の不確定原理(生命情報場不完全定理や生命場特異点定理)
  • 超生命情報場は、情報次元・生命次元・物理次元を超えて伝わる

これは、人類にとってかなり強いインパクトと言えるでしょう。

まとめ

パラダイムの変化は必要性があって出てくるものです。また、これまでの方法論の解釈も変わることになります。物理学で言えば、僕たちが普段生きている世界では、ニュートン力学でほとんどうまくいきます。電車もニュートン力学で動いていますし、飛行機もニュートン力学で飛んでいるからです。

しかし、ニュートン力学では通用しない世界もあるのです。光速での移動の世界や量子などの小さい世界などです。これが相対性理論や量子論の世界で説明がつきます。(僕たちが使っているスマホは相対性理論や量子論がないと成立しません)

説明ができない現象があるので、新たなパラダイムが必要になるのです。人類が進化するためには、現代宇宙論に新たなパラダイムが必要となるでしょう。

    

無料メルマガはこちら
サービスはこちら

いいね ! をして
更新情報を受け取る

Twitter で Kensuke Iwahori を

関連記事

  1. グリムの定理の圧倒的なインパクト~不完全性を証明する力~

  2. 人生は、「勘違いさせる力」で決まっている?

  3. 【結論】努力はいらない!問題解決の2つの方法

  4. 【学び方を学ぶ】すべての学習に共通する脳のカラクリ

コメント

    • ceyi
    • 2018年 11月 04日

    大変参考になりました。
    いろいろもっと知りたいです

    /* メディアページをインデックスしない */ function my_add_noindex_attachment(){ if (is_attachment()) { echo ''; } } add_action('wp_head', 'my_add_noindex_attachment');
  1. この記事へのトラックバックはありません。